コシカギク

毎日朝夕の涼しい時間帯に雑草を刈り取る作業が続いている。 本州では記録的な猛暑が続いているが、北海道でも本州並にはならないものの、蒸し暑い日が続いています。 雑草もこんな環境では勢いを増します コシカギクはかなり厳しい環境の中でも生育できる力…

やっと夏らしく

久しぶりに姿を見せた大雪山連峰、この山々を背景にヒメユリがほぼ満開となりました 未だ蒸し暑いが、もうすぐ解消されそう ヤマシャクヤクの畑はスギナが大繁殖、まだ小さな苗が日陰になっています 鋸鎌でなるべく深く土に入れ、根を切ります。切ったスギナ…

食用のユリ根は

春に100円で買ったゆり根はやはりコオニユリでした 2個買って1個は鱗片挿しをしてみました 発芽していました。残りも埋めておいたのが蕾を付けています。1個しか鱗片挿ししていなかったと思うが、2本大きく育っています。 北海道産のユリ根は毎年植え替えを…

ノコギリソウとアカバナ

カワラナデシコと白シモツケを挿したのは燻煙した千島笹の籠 底に2本の足を差して安定させている。 編み目に挿してみる 足を差し替えて角度を変えてみても エゾノコギリソウと思っていたのはキタノコギリソウなのかもしれない。 山で見たことがあるのはどち…

今年は山アジサイがきれい!

雨が多く湿度が高い日が続き、ユキノシタの仲間がきれいな状態となっています。 半筒形の籠に山アジサイを添えてみました。 記憶が定かでないですが、中国産のナツツバキがこの地で初めて咲かせました。 実生か挿し木だったか不明なのですが何れにしてももう…

ホタルブクロ・ヒメユリ・キョウカノコ

大きな千島笹で編んだ籠にヤハズススキとキョウカノコ・ホタルブクロ・ヒメユリ・カンムリキンバイが入りました。 ヒメユリが咲き出しました。色の濃いものから黄色まで幅があります。 高さが2メートル近くになるヤハズススキ(タカノハススキ)と 5,60…

ウツギ・空木

燻煙千島笹で編んだ小籠に3種のウツギを入れました バイカウツギで芯が赤いエトワールとか日の丸とか言われています サクラウツギとか呼ばれていますが八重咲のもありました サラサウツギと呼ばれこちらも八重咲きのがありました 本日の最低気温と最高気温 …

ハンショウヅル

ハンショウヅル、山の花の味が出ています。自生地の違いで色など違いもいろいろあります。 萼に毛が目立つのでケハンショウヅルと呼ばれる場合があります。 チシマハンショウヅル(黒花半鐘蔓)も咲き出しました。 これは発芽2年目 3年目になると蔓を伸ば…

籠花流

燻煙千島笹の鉄線編み盛り籠にはヒメタカノハススキ、カモメヅル、小型のテッセンを入れてみた。ガラスの鉢に剣山を入れ涼しい感じを出しました。 多花性の小型の花のテッセンが次々と咲き出しています。 千島笹の素朴な手つき籠にはたくさん入れてみました…

時が過ぎて夏の花に

早半年が過ぎてしまいましたね、今週は梅雨前線が北上し蝦夷梅雨状態が続くようです。花も次第に夏の花に替わってきました。早春のカタクリやフクジュソウ、その後のシラネアオイやサンカヨウなど。初夏のヤマシャクヤクやクレマチス。今ころが一番種類が多…

オオヤマレンゲ

昨年は咲かなかったオオヤマレンゲが咲いています。 高さ5,60センチと依然大きくなっていませんが花は数個付けています。 2本買い求めたのですが、1本は育ちませんでした。 2,3本欲しいところですが、近郊で探したところ日本育ちのこの種類は見かけませ…

ナツロウバイ

実生で育ててきたナツロウバイが5本、今年は全部の木に花が付いた。実生で8年ほどになるが小さな木にも花が咲く。 鉈鞘籠に一枝入れてみる。ピンク色の花はナワシロイチゴ。 山から拾ってきたナワシロイチゴ。小さいが実も食することが出来ます。よく蔓を伸…

ヤマボウシの開花

今日は教室の日、昨日夕方からの雷雨で朝に切る花はみずみずしい。 挿し木して7年ほどで漸く開花してくれたヤマボウシ、この花はこの辺りの山では見かけることがない。北限を超えているのかもしれない。 オカタツナミソウも良く増えて抜いて捨てる状態。 ホ…

魚籠にアネモネとキバナヤマオダマキ

出来上がった魚籠に増えすぎのカナダアネモネとこれも種がこぼれて増えすぎたキバナヤマオダマキを投げ入れました。 この籠にはクサタチバナとツキヌキニンドウ、ヤハズススキ 荒組の手つき籠にはカナダアネモネ、ツキヌキニンドウ、オカタツナミソウ、テッ…

オオヤマレンゲ

年々花の数が増えています。本来5メートルほどに成長するはずですが、ここでは株立ちのようになり、高さも2メートルほど。このオオヤマレンゲは中国産でオオバオオヤマレンゲ。 一枝折って置き花籠と 掛け花籠に入れてみました。 本日の最低気温と最高気温 7…

初夏の後は霜注意報

数日真夏並みの天気が続いた後は霜でも降りそうな日が続きそう。 一昨日からまとまった雨が久しぶりに降り、植え替えた花が元気を取り戻す。0 陰になるので根元から切ったはずの手毬灌木、また復活して花を咲かせている。 岡山から持ってきた挿し木したヤブ…

陽気に誘われて次々に開花

真夏並みの気温が続きいっせいに夏の花が咲きだしました。 広がり続けるカナダアネモネの勢いが止まりません。しかしかわいい花なのです。 細葉のシャクヤク 北海道のヤマシャクヤクは終わってこれは会津くれないだと思うが? ボタンに シャクヤク、シャクヤ…

ボタンキンバイ・キバナオキナグサ・・・・・

初夏の陽気に花も次々に開花 ボタンキンバイは利尻島の花で似た仲間はいろいろあり、見分けるのは花の中心が赤いのが特徴 こちらはチシマノキンバイソウ?レブンキンバイ?シナノキンバイ? 花弁の長いのは? 沢山の花が咲いているトリガタハンショウヅル キ…

ヤマシャクヤク植え替え中に珍苗出てくる

ヤマシャクヤクの植え替え中なのですが、こんなのが見つかりました。山シャクヤクの双子、一卵性双生児?今まで1万本ほど植え替えたがこれは初めてのこと。別にして育てることにしたが・・・。 こちらは一粒の種から一本の芽が出る普通のもの。 本日の最低気…

スギナ

去年発芽のヤマシャクヤクが漸く移植終わり、スギナを掘り起こして 燻煙窯に投入して燃やす作業が続く その後に肥料を入れて今年発芽のヤマシャクヤクを植え始める 今年も数千株を早めに移植を終えたい ツバメオモト ユキモチソウ センダイハギも混み合って…

湖北ヤマシャクヤクの花に八重咲が

華麗に咲く花の大きな湖北ヤマシャクヤクが今年は豪華に変身しました。なんと八重咲となりより見事な姿になっています。株が充実したからなのでしょうか?雌しべが6本見えています。去年は3本でした。 この株にはまだ開いていない花があるが、これも八重にな…

クマガイソウと逆さ大雪

去年秋に混み過ぎたので植え替えをしたところ、数はほとんど変わらないことになった。来年は根も落ち着き増えているのではないだろうか。 今朝の風のない時間に、鏡のようになった水を張った田圃。もうすぐ始まる田植えまでの数日の、風のない日にしか見るこ…

夏に向かって 大雪山

緑が日毎に濃くなってきました。大雪の山々も濃淡がはっきりしてきました。 雨が無い日はヤマシャクヤクの植え替えに忙しい。去年植えた苗は元気に育っています。来年には咲き始める株も出てきそうです。その後は見事な花畑になりそう。 本日の最低気温と最…

「つくってあそぼう17 竹細工の絵本」重版

2006年の初版から6刷目の重版となりました。もう12年になるのですね、末永く売れ続けると良いのですが。農文協の出版です。

トガクシショウマとタツタソウ

メギ科の花はどれも魅力的です。 気品のあるトガクシショウマ 実生2年目の苗あと2,3年で開花します。 薄紫のタツタソウは 色はもう少し濃いがいつもオートで撮るとこんな色になる。 今年発芽のタツタソウ、これも開花まであと3,4年かかりそう。 本日…

シラネアオイとサンカヨウ

大型の山野草のサンカヨウが見ごろになってきました 周りには落ちた種が発芽してきました サンカヨウの発芽2年目の苗 シラネアオイも見ごろになっています かなり増えて広い畑に植え替え中 今年の発芽が始まりました 2年目のシラネアオイです 本日の最低気…

北国にも桜が咲きはじめて

桜前線が道北にやってきました。週末が見ごろでしょうか。 畑の山野草も次々に開花始めています。エンコウソウです。湿っぽい場所のほうが好きな花ですが、普通の畑に植わっております。 実生で育てたオキナグサを畑に下して3年目 イカリソウ各種は木の陰で…

エンレイソウの季節

開花始めた畑のエンレイソウのいろいろ。 こちらはエンレイソウを区分すると、アオミノエンレイソウと アカミノエンレイソウ、子房が赤みがさしています。 この他クロミノエンレイソウがありますが、現在実生6年目ほどでもう1,2年開花までかかりそう。 …

5月の突哨山

また1年ぶりに春の突哨山です。 季節は早めに進んでいました。広大なカタクリ、エゾエンゴサクの花園は既に終わり頃になっておりました。 色の巾があるエゾエンゴサク 一本の白い個体が見つかりました カタクリももう種が出来ているのが目立ちます 斑入りの…

無くならない誤食

山菜のシーズン毎年のように悲しい記事をこのころ見かけます。 昨日も道内で上の画像のギョウジャニンニクとイヌサフランを夫婦で食べ、夫が亡くなったとのこと。 この両者は見た目も、臭いも違うので知識があれば間違うことは無いのですが、イヌサフランは…