燻煙窯

燻煙材料の山と大雪山

もう稲穂が色付き始め、大雪山連峰の山は遠くからは雪が目視では見えなくなった。朝夕はすっかり涼しくなり、赤とんぼが飛び交い始める頃となりました。 トラック一杯に運んだ松の枝は20台分以上で、山のように積み重なっています。荷台に落ちた松葉は肥料…

北帰行

4月入るなり白鳥がシベリアへの旅の途中に近くの田圃に降り立った。 去年もほぼ同じ頃だったので、この鳥は暦と地図を体内に持ち合わせているのだろう。 この田圃は早くに融雪剤を撒いていたので、他の場所より早く雪が溶けている。 これからしばらく群れの…

籠の染め

積雪は20~30センチとなり今年初めて外での仕事をする。 燻煙窯の隣に設置した簡易ストーブを掘り起こして火を焚く。 これからの染めは草木染にしたい。今日はタマネギの皮を煮込んで、籠を染めてみたが従来使っていた染料よりは薄い色になるが、何より…

凍結深度 80cm

この冬燻煙窯がはっきり傾いているのに気が付きました。 多分、基礎らしいものをしていないので、地下の凍結で左側が持ち上がっているのだと思いますが、他にも理由があるのかもしれません。 北海道での凍結深度は60〜120cm、当地では80cmとなっ…

燻煙窯の補修

4年目を迎えた燻煙窯は貼り付けたトタン板がかなり腐食して、薄くなってきた。風雨に晒されるのはもちろん、熱と煤で3年使えたのは長持ちしたと考えたい。丁度近くのホームセンターで波板がセールになっていたので10枚ほど買ってきた。昨日今日と上から…

今年初めての笹伐り

昨日午前中様子を見るために近くの山に出掛けてみた。3時間ほどで100本ほどのチシマザサを刈り取って帰ったが、まだ半月ほど早かったようで、切り口をなめると少し甘みが残っていた、やはり最低気温が0℃ほどにならないと休眠に入らないようだ。 細い笹…

燻煙窯が破れる

今回の低気圧でトタン板で囲っていた壁が破れてしまった。2年間使って脆くなっていたようだ。風が止んだら補修することにする。薄いトタン板だから2年は限度かも知れない。 本日の最低気温と最高気温 9℃ 19℃ 瞬間の最大風速は25mでこの地では珍しい…

窯出し

去年の9月に燻煙窯に放り込んだ千島笹を2,30本づつ取り出し始めた。タールが黒光りしているが、その下に煤色が覗いている。このタールを竹から浮かすために4,5日水に浸しておくと きれいにタールが落とすことが出来る。日陰で乾燥させてから拭きする…

燻煙窯を掃除

9月には新しい材料に入れ替えるが、窯に煤が溜まったようなのでレンガを外にだし内部を掃除した。1年分の煤の様子、燃焼室に近いところは煤、遠いところは温度が低いのでタールがレンガにこびりついた状態になっている。この1年右の煙道を塞いでいたが、今回…

温度が上がり過ぎた

炉内は高温になるため煤が付かずレンガが白い煤の掃除をした窯の内部、煙道を小さくしてみた。室温を下げるためだ。炉の温度が上がり過ぎて、焦げた竹があった。火を入れているときは常に監視していなければいけない。7時 -1℃ 今朝も雪がちらついていて溶…

庭木の整理でたくさんの薪

近くで庭木を切ったので、使うか?もちろん、ということでチェンソーを積んでもらいに行った。 軽トラ3回往復したが、まだ残っているので今日もこの続きがある。農家なので敷地が広く不要な木がたくさんあるのだ。 ロケットストーブには太めのを、燻煙窯には…

モクモクと

畔に咲いていたタンポポも種になり、少しの風で飛び散っている。これが花畑で咲き出すと困るので、小さなうちから抜くのだが、根が深くて簡単ではない。草刈りをしてくれたので集めて 燻煙窯の燃料にすると、ちょうど半乾きでよく煙が出ていい具合なのだ。今…

今年初めての火入れ

今年も引き続いて根曲り竹の燻しの作業が始まりました。雨の日以外は秋まで燻す予定。本当に出来上がった燻煙竹は貴重な材料なのです。なのでどんな籠にでも使えません。 7時 −1℃ にほんブログ村 クリックをお願いします

まだまだ色が薄い竹

燻煙窯はまだ雪に埋もれているので、火を入られないがどんな様子か中を見てみる。 まだ3ヶ月しか燻していないのでこんなものだろう、まだまだ色が薄い。 やはり今年の竹の採集の時期まで燻さなければならない。

型枠を燃やす

勢い良くアーチに使った型枠が燃えました 煙も建屋内に入り込みましたので、完成とします ただ、建屋に入る炎が多いようなので、少し調整が必要かも 燃料を乗せる棚をセットしました

1ヶ月をかけて完成

ほぼ1ヶ月掛かりましたが、何とか出来上がりました。昨日は竹を並べるワイヤネットを、収まるサイズにカットして3段の棚をつくる。トタン板の下部の隙間をモルタルで埋める作業をして完成とした。

ほぼ完成

やっと完成です!ビス打ちが残っているが、岡山の第一号より小ぶりの燻煙釜、第二号になりました。、 開き戸は簡単に有り合わせの材料で作りました 隙間はモルタルを詰める予定。2,3日後に試運転したいと思いますが、どうなるか?

トタンの波板

トタンをビスで留めましたが、下穴を空けなければならないので、時間が掛かった。ビスが足りなくなったので、今日又ホームセンターに走らなければならない 残りはドアを取り付けるが、蝶番が手元にあったので、これを使うことにする。7時 20度 日中の温度…

骨組みが完成

漸く骨組みまでたどり着きました。中の竹を乗せる棚の受け金具を取り付け、棚になるワイヤーネット(基礎に使うもの)を大工さんに頼む。岡山ではホームセンターに売っていたが、こちらでは扱っていない。多分岡山では猪避け用の需要のためと思う。 今日はト…

骨組みが完成

今日はこれをアンカーに取り付ける作業だ。上手くいけば壁にするトタン板を貼れるかも?

次は建屋

昨日は床をモルタルとキャスターに分けて打ちました 今日は鉄骨を組み立てる作業に入ります ドリルで穴を開けながら組み立てるのだが?8時 19度 本当に涼しくなってきましたが、このまま秋になってしまうのか?依然雨が無い。 今頃の北海道は過ごしやすく…

砕石を入れ、煙突を作る

軽トラがパンクするほど積んできた、砕石を詰め込む 昨日は排煙口に短い煙突を、キャスターで作る 今日午後から炉の上をキャスターで覆う予定

砕石を入れようか

畑から出てきた砂利だけでは、この枡の中は埋まらない。近くの砕石工場からはこんでこようか 山形鋼にアンカーを通す穴を開けるが、時間のかかる作業だ。微妙にずれてるので、なお更だ。 山形鋼のジョイント部分には、スチール棚に使っていた三角の板を当て…

アーチが完成

昨日の作業は、アーチ部を積み上げ、ブロックの縦の空洞にアンカーと鉄筋を入れ、モルタルを詰めた。アーチ部分のレンガは隙間がないほどになって、ハンマーで叩いてようやく収めることになった。 今日は砂利と砂を、ブロックの土台の中に詰め込む予定だが、…

アーチのレンガ積み

今日はアーチ部を組み終える予定。煙の排出口を2ヶ所作り、昨日買ってきたキャスターで短い煙突を立てる段取り。キャスターは耐火煉瓦では作れない形を、型枠を使って作る荒い粉状のもので、24時間で硬化するとのこと。7時 20度 日中は暑いが、朝夕は…

型枠作り直し

アーチの形を半円形にしたほうが良いようだ。作り直してみたら、レンガがきれいに積めそうだ。昨日もスカイプで西宮のkunちゃんにポイントを教えてもらう。タブレットは外に簡単に持ち出せて、映像まで見てもらえるのでとても便利だ。7時 20度 朝のうちに…

型枠

耐火煉瓦を専用のタガネで、鉛筆の線をなぞって叩いてくと ある深さまで叩くと、パカッ!と割れる。割れた面は柄の付いたタガネできれいにしていく。 アンカーは90センチのねじを切った棒で、先を万力に挟んで曲げると、簡単にこのようになる。 昨日は炉の…

ブロック積が終わる

昨日は真夏日になったようで、外では仕事が出来ない状態。 夕方日が翳ってから作業に入る。残っていた4段目を積んで、炉を作る位置にレンガを並べてみる。ブロックに横筋を入れるのに、コーナーのブロックをカットしないまま積んでしまった。確かレンガカッ…

ブロック積み

杭を立てて、道糸を張って、1段目。ここから先ず目地の間隔が揃っていない 昨日は日中、日が照り、かなりの暑さの中の作業になる 3段目、道糸は何の役目?という感じになっている 当初、3段で終わる予定だったが、組んでみると、もう一段高いほうがいいよ…

地ならし

以前倉庫が建っていた場所に燻煙釜を作ることに、昨日は地ならしをする。 今日はどこまで出来るかな?5時 21度 昨日も蒸し暑い天気で、今日も朝から霧がかかり、少し蒸している。