読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節間のながーい竹

はるばる九州から運ばれてきました。真竹では最も節間が長いもので、45センチ程あります。この長さは太い竹から1本とれるかどうかです。秋に注文して今まで数を確保していただきました。大事に大事に使いたいと思います。送料はやはり竹の代金とトントン…

皮籐挽き

竹工芸に皮籐を使うことが多いが、市販の皮籐は便利だが、良い作品には原材料の丸籐から作るのがいい。この籐は東南アジアが原産の蔓性の植物で、年々輸入価格が上がってとても高価な材料となっている。 先ずエナメル質の部分をペーパーでけずっているところ…

煤竹で茶杓を曲げる

沢山の煤竹もまだ積んだまま、茶杓に使える部分をまとめて箱に入れていたのを取り出して曲げてみた。もう残りは少なくなっていると思う。竹は熱して急冷させることで形が固定される。雪は水よりも効果的に冷却できる。竹の熱で溶けてきたら、新しい雪に取り…

畑に植えた千島笹

春に山から掘ってきた笹が畑に根付いたようだ。広がり過ぎないように根を管理しなければならないが、平地でどのような育ち方をするのだろうか?肥料を与えると太い笹になるのだろうか?暫く観察したい。 台風の影響などで野菜が高かったが、そろそろ下がり始…

今年最後の笹伐りそして初雪

先週の土曜日は今年最後の竹伐りとなった。 倒木の下にも使えそうな笹があり、根本を切って引っ張り出して藪の外に運ぶ。 藪をさらに中に進むとまだまだ太いものが見つかるが、今年は目標の本数を確保したので、また来年の仕事にしましょう。 これは荷造りし…

連日の笹狩り

26日は笹の平で軽トラの荷台に半分ほどの千島笹を伐りに出かける。先日の近くの山のものに比べると太さが違う。次の日は近くの山で100本ほど、笹を選びながら伐るので100本切るのに半日仕事。あと1000本ほど伐りたいので雪が降り出すまでかかり…

今年初めての笹伐り

昨日午前中様子を見るために近くの山に出掛けてみた。3時間ほどで100本ほどのチシマザサを刈り取って帰ったが、まだ半月ほど早かったようで、切り口をなめると少し甘みが残っていた、やはり最低気温が0℃ほどにならないと休眠に入らないようだ。 細い笹…

燻煙窯から取り出して洗いはじめる

一年前に燻煙窯に放り込んだチシマザサが燻されてまた取り出す季節となりました 今年は薄く仕上がりました。煙突を絞り過ぎたのでした。 濃淡の違う材料があってもいいので、こんな感じの籠バッグになりました。未完成ですが、縁は去年の材料で色が濃く、一…

竹資源活用フォーラム

竹資源活用フォーラムが20年ほどとなり、会の内村代表が退くことになり、5月末京都でその慰労会を開いた。会の幹事の役をしていたので、現在の会員さんに久しぶりに集まって頂き、永年の労を感謝した。 前日には、この会にも入って活動していた、永年教室…

京都・大阪

2,3日京都と大阪を駆け足で周ってきましたが、とにかく外国人が多くなっていくことを実感いたしました。特に中国からの観光客です。私の住んでいたころはたまに見かける程度でしたが、今は日本人の観光客よりも多いのでは?と思うほどです。 ここは祇園花…

チシマザサの筍

7月の展示会にチシマザサを鉢に入れて展示しようと、山に出かけて何本か根を掘ってきた。もう筍が食べ頃を過ぎているものもあるが、今が旬。 山の下の方ではオオバナノエンレイソウがほぼ終わり、ベニバナイチヤクソウが間もなく咲きそうになっていた。 ク…

雪の山で笹伐り

11月に入って初日、スキー場のゲレンデには10センチ程の積雪があった。 このまま根雪になるだろか? 笹藪も雪が覆いかぶさり、とても切りにくく、20本ほど伐ってすぐ引き返す。 もう少し伐りたかったが・・・。 藪には屈んで入るので、雪の重みで笹が…

タケ・ササ総図典

竹資源活用フォーラムの代表・内村先生の新刊が届きました。国内および外国の主な竹の写真と解説、巻末に竹の関連の知識の記事がまとめられた本です。ネマガリタケの和名はチシマザサですが、これにも種類があることを知りました。−創森社刊内村先生との共著…

根曲り竹

先日の根曲り竹の袴を取り終る。この後洗うのだが散水栓の水を落としたのでこのまま倉庫に保存することにする。 びっしり詰め込んだ根曲り竹、焚口に生の雑草を入れると、煙が建屋から噴き出している。 今年もそろそろ燻煙作業が終わりになりそうだ。16時 5℃…

今年最後の竹伐り

昨日午前中、清掃センターにごみを持ち込んだ後、山に竹伐りに向かう。 今回は初めての場所で伐ったが、全体に細めだった。奥まで入り込まなかったので、太い竹もあるかもしれないが、切った竹を運び出すのが大変なので、外側近くで切る。来年はこの場所だけ…

燻煙窯いっぱいに

一昨日は笹の平で太めのネマガリタケをトラック一台、昨日は近くで細い竹を軽く一台分伐って用途別に仕分けして燻煙窯に詰め込んだ。 後は燻すのみ、来年の今頃までひたすら煙漬けにすることになる。今回は少し工夫をしてみたが仕上がりはどうなるだろうか?

今年1回目の竹伐り

昨日朝から近くの山の根曲り竹を昼過ぎまでかかってトラックに軽く1台収穫する。去年よりも太いのが少ないように感じた。 明日は笹の平に行く予定だが天気が気になる。昨日の竹はほとんどを燻煙窯に入れ、早速燻し始めた。8時 12℃にほんブログ村 ぽちっとク…

燻煙終了

窯の根曲り竹を昨日すべて取り出し、今年の燻煙が終了する。 続いて今年の竹を入れるために竹を伐りに行きたいが、このところ天気が不安定なので来週になるか。 今年は倍の量を窯に詰め込んで、少しづつ貯竹してみたい。7時 8℃ 昨日から居間のストーブが入る…

笹紙

雨竜郡の幌加内町に来ました。日本一を誇る蕎麦の生産高、そして道内一の豪雪地帯、また冬の寒いところでも有名な地です。 訪ねた農家では20町歩を耕作し、ほかに田圃もあるとのこと。これをご夫婦2人で作業しているのでした。この日は田圃の畔の草刈りを…

秋に収穫した根曲り竹

去年の9月、10月に採取した根曲り竹を洗って割ってみた。1年近く保存した竹はどのようになっているのだろうか? 割ってみると、すんなりと割れた。色は薄くはなっているが、まだ水分もあり十分使えることがわかった。 まだ青い竹が残っているので、今年…

燻煙窯から取り出す

その根曲り竹を去年の秋から燻煙窯で燻していたのを一部取り出して、側溝にシートを敷き、水を貯めて煤を取りやすくした。今日はこれを洗ってみたい。どんな色に仕上がっているだろうか?6時 14℃ 日の出が3時台になり、気温も上昇中で日中は暑くなりそう…

美しい竹の節

竹の節は最も竹らしい部分ですが、根曲り竹の芽(枝の出るところ)は、柔らかく美しく、そして力強い表情をしています。 この部分をヒゴにするにはなかなか厄介なのですが、出来上がった作品はいいのです。 8時 −7℃ このところほとんど降雪はなく、次第に…

ネマガリタケの晒し中

油抜きした後、天日に晒して乾燥、晴れた日に4,5日続けます そして1年寝かせてから使用します

ネマガリタケを切りに

秋晴れの中又竹きりに出掛けました。広大な笹の平の一部ですが、見張りの櫓に登って写しました。 遠くに大雪山連峰が見えます 高原はススキの穂も出揃っていました 軽トラック一台分、今回のは晒しと、青竹の籠に使います7時 7度 今日も良い天気が続きそう

根曲竹の燻煙

先日切ってきたネマガリタケは袴を落とし、燻煙釜に入れ、燻し始める。来年の今頃まで燻すといい色になると思う。釜の調子も良い様だ。それまでの間は岡山から持ってきた物を使うが、1年使うには充分な量がある。ただ、青い竹の籠や、晒した竹も欲しいので…

根曲竹切り

台風一過、雨も上がって竹の平に出掛ける。愛別から山の中を通る101号線、岩尾内のダム湖に寄り写真を撮る。大雪山は紅葉が始まったが、下ではまだまだでした。 下川の管理署で手続きを済ませ、現地まで案内してもらった。今回切った所は、白樺などが生えて…

ささの平へ

ネマガリタケの筍狩りが始まっているとのことで、昨日ここから30分の所の”ささの平”に出掛ける。8時の開園直後に入ったが、既に2,30台の車が来ていた。中には札幌ナンバーも。 ここは国有林、勝手には入れないので、管理署の許可が必要。 とにかく広…

燻煙根曲がり竹

去年の秋に釜に入れたネマガリタケ、未だ薄い色だが、取り出して洗い、矯めなおす作業を続けている。今までの分も入れると、燻煙竹は当分使えそう。

黒竹の整理

細い黒竹も沢山散在しています。これらを1本1本、ストーブの焚口を開けて矯め直ししました。沢山あるのでしばらくかかりそう。ストーブをただ暖房に使うだけではもったいない8時 −2度 雪はちらついているが、ほとんど積もっていない

+煤竹整理

まだ残っている煤竹を整理して炒るところ ほとんどは虫食いの竹で、ヒゴにも使えないものが多い 虫くいでないのは、箸、楊枝用にする7時 −7度 クリスマス寒波、雪のほうは少なめだが、寒さは格別 年賀状はまだ、年明けになりそう

茶杓用の竹

先日晒した竹を、茶杓の長さに切って更に晒しています。未だ水分が多く残っているので8時 −3℃ まだ雪はほとんどありません。北海道では最低気温がー26℃、積雪が70センチと年内からかなり厳しくなっています

竹の晒し

先日、茶杓用に切った竹を油抜き、晒しているところです 晴れの日が続くと1週間ほどで仕上がります8時 −5度 冷え込みましたが雪はなし

藤蔓採取

ツヅラフジを採りました。笹薮の中の足場の悪いところにあるので、歩きづらく、沢山はないので、時間も掛かりました。イノシシやシカが歩き回るので、蔓が切られて、きれいで長いものが少なかった。 持ち帰って直ぐに、根を切っておきます。そして陰干しをし…

茶杓用の竹切り

昨日はここから30分程にある竹薮に、茶杓に使う真竹を切りに行きました。この辺りでは大きな藪ではないかと思いましたが、前から知っていればなぁ!大変ですが藪をきれいにして、良い竹が生えるようにするといいのだが? 持ち主は籠を習いに来ている方です…

根曲がり竹の燻煙

先月切ってきた根曲がり竹、先ず節の周りのハカマを取りました。そして、燻煙釜に入れて燻す。ススキ、笹、松や杉の枝など煙の立つものを燃やすと、煙がもくもくと。 出来ががった燻煙竹は、洗ってから簡易ロケットストーブの上で曲がりを矯める 籠を編み始…

ネマガリタケ切り

鳥取・岡山の県境まで1時間強で着きました。良い天気で紅葉も進んで秋の山になっていました。春にはタケノコを採りに来たところ、秋には親を切りに、この山も見納めです。荷台にいっぱい手当たり次第に竹を切りました。太いのも細いのもつかえます。

竹の煤を洗う

燻煙したネマガリタケを、裏剥きしたときに出るくずを束ねたもので洗っています。かなりこびり付いた煤でも落とせます 洗ったらこのように 昨日は釜に残っていた20本を洗う。まだ50本ぐらい入っている 明日晴れたら竹を切りに出かけたいが・・・7時 1…

倉庫の煤竹を最終整理

昨日は1日かかって倉庫の煤竹を整理、ほとんどが焼却炉へ 茶杓用に、使えないものもあると思うが 何年ぶりかに空いたスペース、まだ捨てたいものが一杯あります

廣島一夫の手仕事展に

昨日朝から山小屋の友人の車で2時間半掛けて近江八幡のNO-MAに 行くのをあきらめていたので本当に嬉しかった 1階の展示会場、大きな籠が多いです、受付横には関連書が置かれ、購入できます。 製作に使用している道具です 2回はデモ、若手職人の展示販売の…

廣島一夫の手仕事 展

友人の娘さんが学芸員でこんな展示会があります、とのお知らせがありましたのでご紹介いたします 近江八幡市のボーダレス・アートミュージアムNO-MAです日時:2012年8月1日(水)〜8月12日(日) 会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA 開館時…

煤竹の整理

倉庫の煤竹がストックしている竹の中では一番多い。 使えるもの、少し使えるもの、使えないものに分けて整理 しばらく整理にかかりそう 使えないのは燻煙の燃料に

燻煙釜に火を

雪がなくなったので今年初めて燻煙釜に火を入れました 中には去年からのネマガリタケが引き続き入っています 庭に転がっている松などを今年中にきれいにしてしまいたいので 今年も燻煙竹作りに精を出します8時ー3℃ 3日ほど雨が続いていたが今朝は雪です、…

燻煙根曲がり竹完成

頃合になった根曲がり竹を一部取り出し、川に2,3日浸けているところ 洗うと何とか希望の色になっていました。2ヶ月ほどの燻煙 残りの細い竹はもう1月釜に入れておきます初霜、初氷、雪もちらつき始めそろそろ白銀の世界へ7時5度

身竹がいっぱい!

連日のヒゴ作り、これは篠竹の身、焚きつけにいいです 身竹を見るだけで竹の種類が判ります8時7度 そろそろ冬の足音が、カメムシも目立ち始める

竹が入荷

先日きってきた黒竹を半分油抜きしました。 若い竹が多いので直ぐにヒゴにしておきました 黒竹5束、節間の長い真竹2束、そして真竹5束がトラックで届きました これは1年使う量ですが、今回は半年でこの量をヒゴにしなければならず 大変忙しくなります。…

黒竹を切る

昨日は工房教室に通う方の庭に黒竹があると言うことで、これを教材に使って 籠を編むことになりました。手入れがされていなかったので枯れた竹が多く 適当な年数のが少なかった。切った竹は若い(青味が多い)ので、この特徴を 生かした籠にしたい。

ネマガリタケを切りに

昨日は根曲がり竹を求めて隣の町から鳥取と兵庫県の境に出かける 舗装はしているが細い山道、見通しの悪いところもあり、しびれる運転が続く 何年か前に行ったことがあるが様子が変わっていていい竹が無く引き返す 三室の滝で写真を撮る次はちくさ高原スキー…

根曲がり竹の燻煙

1日に鳥取の山に根曲がり竹を切りに行き、早速釜に入れる。 今回は浅く燻す予定で1ヶ月ほどかかりそう 3日燻したところ、いい色に見えるが、今洗うとまだ青みがありまだまだの状態。7時12度

竹の切り旬は?

よく竹は何時切ったらいいでしょう?と聞かれます。村の長老はよく犯土(つち)に入ると木や竹は切らないほうがいいよ、と言います。これは昔からの言い伝えなのですが暦(大安、仏滅とか書いてあるやつ)にこれが書かれていて。いまでもこれにならっている…

竹の退色テスト

竹がどの程度の時間で、退色するか観察しています。 12月12日の写真、左から燻煙ネマガリタケのヒゴ、燻煙ネマガリタケ、染色したネマガリタケ、晒したネマガリタケ、真竹の燻煙竹を磨いたもの。 今日2月14日の状態、2ヶ月で特に染色したネマガリタ…