竹のバッグ

新しいネットショップ ”Creema”

クラフト専門のネットショップ"Creema"へのインショップが開店しました。 昨年開店した"iichi"もクラフト専門ですが、"Creema"のほうが会員数は多いようです。 毎日ショップをいじっているところで、充実させていきたいと思います。 一度訪れてくださいませm…

籠のポーチ

昔作った小さなバッグ、ポーチに薄い帯地で袋を作り、籠に取り付けてみた。この籠は口が狭くて針と糸で縫い付けるのに難儀した。時間が経過している細い皮籐が針を通すときに切れるのではないかと、慎重に進めた。何とか皮籐も切れずに完成した。 本日の最低…

燻煙竹のバッグに秋の花

波網代のバッグにシュウメイギク、タムラソウ、ツリフネソウなどが入りました。

野の花にも籠のバッグ

燻煙竹を波網代で編んだバッグにススキ、タヌキマメ、ムクゲ、キンミズヒキ、マツムシソウ朝夕の気温も下がり秋らしい天気になってきました7時 18度 昨日は晴れ、今日も晴れそうな朝の空

籠のポーチ

昔お客さんに買っていただいた小さなバッグ、北海道に引っ越す前に中に袋を付けて欲しいとの要望があり、 完成してきました。古い帯地を使いましたがいい感じです

波網代のバッグ

教室で波網代編みのバッグのリクエストがあったので作ってみました。 これも教材に入れてナンバー124にしました。写真は燻煙竹を使いましたが、 教室では真竹の磨きを使い手も丸籐になります。午前8時−6度積雪15センチ 放射冷却のため冷えましたが、…

燻煙竹のバッグ

燻煙竹のショルダー、拭き漆を終えて完成しました。ちょっと艶が出ていますね。ベルトは手芸店で売っている安いものを取り付けておきました。籠の中の袋はお客さんが好みで取り付けることになります。 もうひとつのショルダー、これも燻煙竹ですが、編み方が…

煤竹のバックが出来る

先日から取り掛かった煤竹のバッグが完成。アサマフウロを入れてみました。この煤竹は粘りがあり、1本も折れずに編むことが出来ました。重さに耐えるように、手の受け竹を籠の底まで廻してあります。手はネマガリタケの燻煙竹を使いました。8月29日(日…

煤竹のヒゴ作り

バッグ用の煤竹、虫食いがひどいので、外で竹割りをしました。やはり使えるのは半分以下、キズが多すぎ(>_ 秋風も吹き始め、赤とんぼも飛び始めました。8月26日(木)午前7時15度

もう少しで

縁と底の角をかがり、ベルト受けを取り付けました。後は拭き漆をして完成になります。

燻煙竹のバッグの続き

昨日は縁作りまで進みました。今日は和楽で縁かがを少しする予定

燻煙竹のバッグを編み始める

燻煙釜での燻し、表皮の磨き、ヒゴ作りと進んだバッグの材料、昨日から底を編み始め、今日は立ち上げて胴を編む予定。 8月12日(木)午前8時 17度 昨日の夜半から雨が降り続いています。台風の影響で久しぶりの雨らしい雨が、台風は日本海を北上中ヒマ…

バッグに白い花

燻煙竹の網代ショルダーバッグに白い花を束にして入れてみました。紅一点はシモツケです。7月2日(金) 午前8時 16度 今日も蒸し暑く、雨模様になりそうそれでは

根曲がり竹のバッグ製作中その2

続いてまたバッグ、これも製作途中になっていたものです。前回の網代編みとは違って、透いた編み方になっていますね、菱四つ目という編み方です。これから染めて拭き漆をして仕上げます。

根曲がり竹のバック製作中

昨日の和楽での作業は途中までになっていた、籠バッグの続きをしました。この日は手を取り付けるのですが、途中忘れてきた道具があり、ここまでで終わり。出来上がったら又紹介いたしますね。