読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燻煙ネマガリタケ

長く燻煙していたネマガリタケを釜から取り出しました。どうでしょう、結構いい色になっていませんか?左端が燻煙根曲がり竹、中央が150〜200年燻されたいわゆるネマガリタケの煤竹です。本物と遜色ない感じですね。ちなみに右端は圏紋竹です。そのう…

真竹を切りに

昨日近く(車で30分)に真竹の藪があるというので見に行ってきました。孟宗竹と混ざっている藪で、見たところ孟宗竹の勢いに負けて殆どの真竹は葉が無く、枯れる寸前の状態でした。太さも、節間も長くいい真竹の藪だっただろうなと思いましたが、残念。 せ…

黒竹の油抜き

近くで見つけた黒竹、燻煙釜の前で油抜きをしました 油抜きをする前の黒竹 緑が一瞬鮮やかになります。焦がさないように油が溶けたらすばやく布でふき取ります。軟らかそうな竹なので早めにヒゴにしたほうがいいかも。11月29日(月)午前7時−2度 冷え…

葛藤の採取

近くの山に藤蔓(正確には葛藤)を採りに行きましたが欲しい細い蔓はあまり見かけませんでした。落ち葉の下に隠れているので探しにくいこともあるし、鹿の爪で踏まれ、なかなか育ちにくいのもいい蔓が見つからない理由だと思います。 写真は木に登っている太…

ヒゴ作りに閉口する竹

先月仕入れた竹、いつもだがこんな竹が何本か混じっている。持ってみると軽い、割ってみると包丁が入りにくい、剥いで見るとこんな風に途中ですぐ折れる、よくこんな竹を割っているときに怪我をするんですよ。 割っているとき節を超えるときにこんな風になっ…

竹林の掃除

ほんとに数えるしか竹がない藪ですが少しでもいい竹をと時々枯れた竹や、傾いた竹を切っては運んでいました。藤つるが絡んだ竹は厄介で、何本かは宙吊りにしてしまいましたが、今日で大方片付きました。11月14日(日)今朝7時は6度と暖かめ ガムテープ…

黒竹が入荷

昨日は黒竹の5寸が5束、真竹の末7寸が2束、黒竹の径3センチが10本入荷、これで1年分の材料が揃いました。 近くの真竹の小さな藪を掃除しています。枯れて倒れたもの、青くても倒れ掛かっているのは雪で折れてしまうので今のうちに切っておくと他の竹…

真竹の晒竹が入荷

7寸の真竹が5束が入荷、向こう1年で使い切る量です。今まで入れていた6寸よりも節間が少しながいみたい。

竹に虫が

チビタケナガシンクイムシ−3ミリほどの小さな成虫です。これが飛んできて竹の軟らかい部分や割れ目から入り込み卵を産みつけます。真竹にはこの虫が多い感じがします。そして節の部分に栄養分が多いのか、節周辺がよく食害されます。また、油抜きをした竹で…

煤竹を洗う

数年前に村の民家を解体する際に出た煤竹を倉庫から出して洗っておくことにした。 洗ってみるとあまり虫食いはない感じ、使えないのはもらうときに選んだかもしれない? 丸一日かかってしまった 約90本ほど、まだ倉庫に200本ほど入っているのでもう一生…

根曲がり竹の細い竹を今日も切りに

昨日は山荘の上の谷川に沿って生えている細い根曲がり竹を切りに、駒ノ尾山登山口に行きました。 当然熊注意の看板も 熊避けの鈴も奮発して(笑)買いました。いい音がします、熊が寄ってきそうだ! これだけ切ったのでもう十分かな?これをきれいにして燻煙…

燻煙竹(燻し竹)釜の棚を

燻煙竹の釜にワイヤーメッシュ2枚追加で取り付ける。巾は両サイドをグラインダーで少しカットするとちょうど収まるサイズになる。 長さは10cmほどカットして収まった。これでネマガリタケの短いのも下に落ちないで済む。現在このワイヤーメッシュの棚が4…

細いネマガリタケを切る

熊の気配を気にしながら切った竹、もっとほしいな、9月25日(土)午前7時10度京都に茶花の切花を発送

ネマガリタケを燻煙

昨日は先日採ってきた根曲がり竹を燻煙釜に投入、去年からのものもまだ色付きが少ないので一緒に燻煙することに。 マイペースだと2年はかかりそうな感じ。

ネマガリタケを採りに

昨日は少し早いと思いながら根曲がり竹を切りに、鳥取と岡山県境に出かけました。去年も行った所で道路縁なので竹も出しやすいところ。 熊避けにモモコを乗せて、今回は熊の気配はありませんでした 根曲がり竹の藪はその竹の性質から、曲がって生えているの…

煤竹を洗う

煤竹のバッグを作ろうと思い、倉庫に眠っていた煤竹を引っ張り出しました。ちょうど庭に水溜りが出来ていたのでここできれいに煤を落としました。キズや、虫食いが多くて使えるところは半分以下になりそう、割ってみないと判らないけれど、これでバッグ1個…

煙もくもく

昨日は暑く太陽がギラギラしてたので、刈った草も乾くのが早く、上から順に燻煙釜に入れると調子よく煙が出ています。昨日はほぼ1日燻煙することが出来ました。

燻煙竹のカビ

この時期、湿度と温度が高くなると竹にカビが生えます。外に置いている燻煙竹もやはり切り口を中心にかびています。 下の煤竹はほとんどかびることはありません。晒し竹はかびると品質も落ちますので、染めて使うことになります。ただ燻煙竹は表皮を磨いて使…

燻煙竹の入れ替え

真竹の在庫がなくなったので、山の友達Oさんに使わない竹をいただきました。 釜にしばらく入れて、かなり煤の付いたものを取り出したところ 今度は9月頃までぼちぼち燻すことにしましょう

黒竹の籔発見!

近くの林道下に細い黒竹の籔(20本くらいなので籔とは言えないかも)がありました。出来れば2,300本生えている籔があればいいのだけれど。黒竹の在庫がほとんどなくなったので、いいタイミング、でも秋までは仕入れしなくては。 真竹の籔もほしいのだ…