燻煙竹のカビ



この時期、湿度と温度が高くなると竹にカビが生えます。外に置いている燻煙竹もやはり切り口を中心にかびています。
下の煤竹はほとんどかびることはありません。晒し竹はかびると品質も落ちますので、染めて使うことになります。ただ燻煙竹は表皮を磨いて使っていますので、カビの影響は少なくて済みます。

7月7日(水) 午前9時 18度
朝からいい天気、気温が上がりそう

キバナヒメユリ開花