NO.121の見本


竹工芸教室の新しい教材は真竹を磨いたヒゴで編む、筏底の手付き籠、青竹を磨いたヒゴで作る教材は初めてと思う。いろいろ使い道はありそうな籠になっています。