今咲いている花


白花ホトトギスユリ科宿根草、左は純白の白花ホトトギス右はおしべが紫になっていて、この花の種が発芽すると花に紫の斑点が出来る可能性が高くなります。

白花ホトトギスと白花ホトトギスが変化したものと交配したホトトギス。いろいろな色が出現します

ヒガンバナヒガンバナ科宿根草、今年も彼岸の頃に咲き始めました。

ルリスズカケソウ−ゴマノハクサ科の宿根草、これは中国原産の種類でスズカケソウより色が濃く、大きな花です。

アオバナフタバハギ−マメ科の低木、アオバナフタバハギはシロバナフタバハギから変化したものかもしれません。

白花シュウメイギクキンポウゲ科宿根草、キブネギクの白花

ツクシイワシャジン−キキョウ科の宿根草、シャジンも種類が多いですね。

白花タマザキフジバカマ−キク科の宿根草ユーパトリウムの白花だと思いますが買ったときは白花タマザキフジバカマという名でした。

ヤマボウシの実−もっと色づくとちょっと甘くて食べられます。