春一番の花は


フクジュソウが毎年工房の庭では一番早く咲きます。
なかなか増えるのがやっとですが、種がこぼれて増えています。
咲くまでかなり時間がかかるような気がします。

セリバオーレンもフクジュソウと同じキンポウゲ科、雪が溶けると同時に花が咲き出します。
この辺ではやや薄暗い林に群生しているのを見かけます。昔は薬として栽培していたのかもしれません。

これもキンポウゲ科のハコネトリカブト、花は秋深くなってから咲きますが、
葉は早く出るのです。

これは白のヤマシャクヤク、霜柱が立つような気温でも平気なようです。

一昨年蒔いたベニバナヤマシャクヤク、芽を出し始めました。
800粒ほど蒔いたはず、どのくらい発芽するでしょうか?
植え替えは秋か来春にでも、このベニバナのは去年発芽したのも入れると1500ほどになります。

7時−5度
この数日夜間に2,3センチ降って日中4,5度になって溶けるパターン
今日は予報では積もるくらいの降雪があるとか