読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

耐熱煉瓦製

ロケットストーブ


山の友達、土木研究所で耐熱煉瓦を使ってロケットストーブ
の製作が始まり、未完成ながら試運転をするということで
見に行きました。こちらではロケットストーブの横に暖炉も
併設しているので大変な重量になり、普通の家では床を補強
しなければ抜けてしまいます。
わが工房でも小型のを作りたいのだけれど、やはり床の補強が
必要、床下からジャッキで支える等の施工をしなければ・・・。

焚き口から燃料を入れ、ヒートライザーと言われる燃焼塔で
高温なった空気を、今度は別の塔で下降気流にして押し出す
仕組み。今回は出口で温度を測ると130度ほどに、

今度は横から燃料を入れてみると、なんと200度まで上がりました。
横からのほうが酸素をとり易いのかも?
まだ試行錯誤を続けながら完成と・・・
排気口の高温の空気を今度は、横に長く(煙突を横に這わす感じ)
引いて、熱を使い切る。最終的に出るものは水蒸気だけとなる。
これが目指すロケットストーブ、もう少しですね

私も教室が終了する春から作りたい

8時1度 昨日から雨だいぶ溶けて積雪25センチ
明日から又寒気が入る予報が・・・