賑やかになってきた花畑

ヒョウタンボクは冬囲いしたので、折れずに株立ちとなってたくさんの花を咲かせてくれました。
今年もそろそろ芋虫が食べにやってくるかな?

ヒバの下にきれいなブルーの花を咲かせているのは、ワスレナグサエゾエンゴサクの色に似て、北海道らしい花だと思う。


テンモクジオウは中国原産だが、元気に咲いている。ランナーを伸ばして広がってきた。

キバナホウチャクソウは根を伸ばして広がりやすい花だが、今のところ増える様子が無い。

去年は種が出来始めたが、実らなかったユキモチソウ、今年は種を取って蒔きたい花。

タッタソウは大きくなってきたが、今年も花は咲きそうもない。来年に期待したい

チシマフウロは北のフウロらしく毛が多い。青系の色がきれいな花だ。

センダイハギも根を伸ばして増えてきた。

ヤマブキソウ

ハンショウヅルのトップを切って咲いたのは、斑入りのシロハンショウヅル

ベニバナズダヤクシュ、普通は白だがこの色は洋種だったと思う。

ベニバナヤマシャクヤクで最初に咲いたのは北海道産の炎、ピンクの濃い色。

7時 10℃ 朝早くは重そうな雲が覆っていたが、次第に明るくなって、今日は気温が上がりそう。

周りでは朝早くから田植えに忙しくしている。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

クリックをお願いします