窯出し

 

f:id:hanakago:20150805192659j:plain

去年の9月に燻煙窯に放り込んだ千島笹を2,30本づつ取り出し始めた。タールが黒光りしているが、その下に煤色が覗いている。このタールを竹から浮かすために4,5日水に浸しておくと

f:id:hanakago:20150805192716j:plain

きれいにタールが落とすことが出来る。日陰で乾燥させてから拭きすると更に艶が出てきれいになる。これで長期保存もできる。殆ど丸一年の作業だが、良い煤色の千島笹の在庫が増えていくのが楽しみだ。たくさんの材料からさらに選び抜いて作品作りとなる。来月には又羆の出る山へ、笹を伐りに出掛ける日がやってくる。

 

19時 23℃ 一日中曇りだったが蒸し暑い日になった。前線が北海道にあって、本州でいえば梅雨前線と言うところだが、南からの湿った熱気が入り込み、十勝管内では真夏日猛暑日になったところも出た。田圃上空では薬剤を噴霧するラジコンヘリが忙しなく飛んでいる。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています