読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の用意

北の竹工房

f:id:hanakago:20160612190809j:plain

5月末に届いたカラマツの薪、只今乾燥中。今年は深川の薪屋さんにお願いした。トラックにバラ積みした生の薪、4㎥の注文だが積み上げると3㎥にもならないくらいだ。バラ積みだと隙間が多いのでこのくらいの量になるのだそうだ。「これでこの冬は過ごせるな!」え!これだけで?効率がいいねぇ、そうなんです、ロケットストーブの仕組みを知ると、熱効率の良さが分かります。

注文は札幌からも多いのだそうだ。配送料がバカにならないのだが、札幌のほうが薪代が高いので、配送料を入れても深川から運んだ方が安いのだとか。札幌の山の手のお客さんが多く・・・。広い居間に高そうなストーブ、インテリア雑誌の写真を想像する。

 昨日はこの薪小屋の屋根にもペンキを塗って、ちょうどきれいになくなった。

本日の最低気温と最高気温 8℃ 25℃ 日中は日が照り暑かったが、畔の草刈りを今日も続ける。手作業なので明日1日かかりそうだ。草は肥料袋に入れておいて、燻煙窯に廃材と一緒に燃やす作業も同時にする。