カノコユリの鱗片挿し

f:id:hanakago:20170907194814j:plain

当地では種が実らないので、このカノコユリを増やすにはこの方法だけです。

 

スコップで一塊になっている根を掘り起こしました。

f:id:hanakago:20170907194823j:plain

これは白色の球根ですが、軸が2本出ているので不思議に思いましたが

f:id:hanakago:20170907194838j:plain

鱗片を剥がしていくと2球が一緒になっておりました。

 

黄色いのは白の花、ピンクが差しているのがピンク色の花なのですね、しっかりした根があるので、このまま埋め戻しました。

 

球根の上にもしっかりした根があるので、両方の根から栄養分を摂れるのですね。

f:id:hanakago:20170907194850j:plain

球根を洗って鱗片を消毒液に入れておきます

f:id:hanakago:20170907194903j:plain

一番外側の鱗片も捨てずに挿すことにしました

f:id:hanakago:20170907194918j:plain

白のほうが多く取れましたが少し小さい鱗片となっております。

f:id:hanakago:20170907194937j:plain

f:id:hanakago:20170907194947j:plain

消毒している間プランター蝦夷砂を篩にかけて、大きな砂を下に、上には小さな砂を入れておきました。

f:id:hanakago:20170907194957j:plain

 

f:id:hanakago:20170907195007j:plain

全部挿し終わり風の当たらない半日蔭に移動させました。

 

以降は挿し芽の扱いで良いと思うのですが、ひと月ほどで根が出るのではないかと想像しています。

 

成功すると嬉しいのですが、これから気温が下がってくるので、もう少し早く挿した方が良かったかもしれません。

f:id:hanakago:20170907195105j:plain

花は開花中だったので、煤の千島笹の荒組手付花籃に入れてみました

 

大型のユリで球根もとても大きなものでした

 

本日の最低気温と最高気温 12℃ 26℃ 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています