シュウメイギク・キブネギク・アネモネ

f:id:hanakago:20170920190916j:plain

シュウメイギク( Anemone hupehensis var. japonica)キンポウゲ科宿根草

別名 キブネギク 古い時代に中国から入り帰化したもの アネモネの一種

生育旺盛だが、この写真は岡山時代のもので現在畑にはない。この種類だけは種が出来る。ただ、根が広がるのでわざわざ増やすこともない。

切り花には水揚げが悪いので、前日にたっぷり水を遣り、翌日朝に切ると元気が良い。

 

f:id:hanakago:20170920190238j:plain

f:id:hanakago:20170920190251j:plain

これは花(鍔)が一重でアネモネの名前が似合うが、改良されたものらしい。

更に小型のものなどが出回っている。

f:id:hanakago:20170920190330j:plain

f:id:hanakago:20170920190426j:plain

白色の一重のもの

 

f:id:hanakago:20170920190307j:plain

f:id:hanakago:20170920190459j:plain

白色の八重のもの。この八重のが特に根が広がりやすい。

本日の最低気温と最高気温 9℃ 22℃ 連日の雷雨で明日も続きそう

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています