キバナオキナグサの植え替え

f:id:hanakago:20170529191436j:plain

◎キバナオキナグサ(Pulsatilla cernua )キンポウゲ科宿根草

 

日本オキナグサの黄花種、花は下向きに咲く。

種が出来る頃次第に上向きになる。

増やすのは沢山出来る種を蒔いて育てる。

f:id:hanakago:20170720185747j:plain

種のできたところ

f:id:hanakago:20171007183951j:plain

採り蒔きすると20日ほどで二葉が出て、さらにひと月ほどで本葉となる。

f:id:hanakago:20171007184011j:plain

ポットの苗をプランターに肥料を入れ、移植したところ。

小さいが根は長く、幼苗の時のレンゲショウマによく似ている。

f:id:hanakago:20171007184116j:plain

2年後の開花、年々株は大きくなるが、突然枯れることがあるので、常に種を蒔くことで絶やさないようにしたい。

本日の最低気温と最高気温 6℃ 19℃ 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています