時が過ぎて夏の花に

f:id:hanakago:20180701193829j:plain

早半年が過ぎてしまいましたね、今週は梅雨前線が北上し蝦夷梅雨状態が続くようです。花も次第に夏の花に替わってきました。早春のカタクリフクジュソウ、その後のシラネアオイサンカヨウなど。初夏のヤマシャクヤククレマチス。今ころが一番種類が多い感じがします。

 

タケシマユリは鬱陵島が原産とか、昔竹島と呼ばれていたとかでこの名が付いたようです。

f:id:hanakago:20180701193843j:plain

園芸種の雰囲気もあるが雑草の中でも消えないのは強いユリなのかもしれない。

待っていても一向に種が出来そうもないので、今年は掘り起こして分球なり、鱗片挿しをしてみたい。

f:id:hanakago:20180701193855j:plain

f:id:hanakago:20180701193903j:plain

きれいなピンクの花は姫ヤナギラン、ますます広がり手に負えなくなりそうですが、花はキレイなのでね・・・。

f:id:hanakago:20180701193910j:plain

f:id:hanakago:20180701193924j:plain

カラフトエンビセンノウ、エゾセンノウとも言うらしいのですが、花の本を見ても載ってはいませんので絶滅種なのかもしれません。去年は虫に食べられて哀れな姿でしたが、今年は殺虫剤を蒔いたのが良かったのか今のところきれいな状態です。

種を蒔いて増やしたい花です。

f:id:hanakago:20180701193930j:plain

f:id:hanakago:20180701193939j:plain

葉の切れ込みが大きいのがワタナベソウ、種がこぼれて増えてきました。

f:id:hanakago:20180701193946j:plain

葉の切れ込みが少ないのはヤワタソウ、花は共に同じです。籠に良く似合いうので好きな花の一つです。

 

本日の最低気温と最高気温 18℃ 24℃

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています