花籠

白いリンドウが最後の花となり

開かない花弁のリンドウ、オヤマリンドウか、一輪挿しに入れてみた 今花が見れるのはこの一株のみで、今年の花の最後、このまま花を付けたまま雪の下に。 春から赤い葉のノムラモミジ、降り積もって見事! イチゴも紅葉がきれい 本日の最低気温と最高気温 7…

セッコウボク

白い果実がマシュマロのようにフワフワ、中に種が入っています。 セッコウボク(雪晃木)は日本名、シンフォリカルポスの仲間で北米原産。 低木で大きくもならず、増えもせず、春の花は地味で秋の実が特徴的。 赤いノギクは株が年ごとに大きくなっています。…

タカネハンショウヅル

一株だけのタカネハンショウヅルですが、年ごとに根が充実してきて蔓を長ーく伸ばしています。今頃の開花なので種が実るのは無理。来年は挿し芽をしたい。 もう花もほとんど終わりです。掛け花籠にはシュウメイギク、コハクジョウロウホトトギス、キク、ナガ…

今年は山アジサイがきれい!

雨が多く湿度が高い日が続き、ユキノシタの仲間がきれいな状態となっています。 半筒形の籠に山アジサイを添えてみました。 記憶が定かでないですが、中国産のナツツバキがこの地で初めて咲かせました。 実生か挿し木だったか不明なのですが何れにしてももう…

ホタルブクロ・ヒメユリ・キョウカノコ

大きな千島笹で編んだ籠にヤハズススキとキョウカノコ・ホタルブクロ・ヒメユリ・カンムリキンバイが入りました。 ヒメユリが咲き出しました。色の濃いものから黄色まで幅があります。 高さが2メートル近くになるヤハズススキ(タカノハススキ)と 5,60…

籠花流

燻煙千島笹の鉄線編み盛り籠にはヒメタカノハススキ、カモメヅル、小型のテッセンを入れてみた。ガラスの鉢に剣山を入れ涼しい感じを出しました。 多花性の小型の花のテッセンが次々と咲き出しています。 千島笹の素朴な手つき籠にはたくさん入れてみました…

魚籠にアネモネとキバナヤマオダマキ

出来上がった魚籠に増えすぎのカナダアネモネとこれも種がこぼれて増えすぎたキバナヤマオダマキを投げ入れました。 この籠にはクサタチバナとツキヌキニンドウ、ヤハズススキ 荒組の手つき籠にはカナダアネモネ、ツキヌキニンドウ、オカタツナミソウ、テッ…

オオヤマレンゲ

年々花の数が増えています。本来5メートルほどに成長するはずですが、ここでは株立ちのようになり、高さも2メートルほど。このオオヤマレンゲは中国産でオオバオオヤマレンゲ。 一枝折って置き花籠と 掛け花籠に入れてみました。 本日の最低気温と最高気温 7…

初夏の後は霜注意報

数日真夏並みの天気が続いた後は霜でも降りそうな日が続きそう。 一昨日からまとまった雨が久しぶりに降り、植え替えた花が元気を取り戻す。0 陰になるので根元から切ったはずの手毬灌木、また復活して花を咲かせている。 岡山から持ってきた挿し木したヤブ…

北国にも桜が咲きはじめて

桜前線が道北にやってきました。週末が見ごろでしょうか。 畑の山野草も次々に開花始めています。エンコウソウです。湿っぽい場所のほうが好きな花ですが、普通の畑に植わっております。 実生で育てたオキナグサを畑に下して3年目 イカリソウ各種は木の陰で…

ワサビとギョウジャニンニク

昨年少しワサビを買って畑に植えてみましたが、元気に育って花が咲いています。 清流の流れるところがいいのですが、よく水遣りをすれば普通の畑でも育ちます。 鉢に上げて籠に入れてみました 根を残して葉と花を湯がいて味付けをして食べることにします。 …

クリスマスローズ

室内のクリスマスローズは既に開花していて散り始めているのもあります。 ただ、この花弁に見えるのは鍔なので暫く楽しめます。 個々に名前が付けられていましたが、ラベルが無くなったので・・・。 白っぽい花が多いので 黄色っぽいのが欲しいかなと思って…

カノコユリの鱗片挿し

当地では種が実らないので、このカノコユリを増やすにはこの方法だけです。 スコップで一塊になっている根を掘り起こしました。 これは白色の球根ですが、軸が2本出ているので不思議に思いましたが 鱗片を剥がしていくと2球が一緒になっておりました。 黄…

ジャコウソウモドキと言う花

◎ジャコウソウモドキ オオバコ科 北米南東部原産(Chelone lyonii)宿根草 別名 リオン ケロネ 等 湿度のある半日蔭に生育し、背丈40~100センチ 北海道では日向でも葉焼けもなく育ち、株分け、実生で増やすことが出来る。 他に白の花もあるようです。…

鹿の子百合咲き出す

大型のユリ、カノコユリが開花しました。このピンクと間もなく白も咲き出します。 当地では種を作るのが難しいようでたくさん増やすことが出来ません。 今年は球根を剥がして、挿してみることにします。 元からあったのか、岡山から持ってきたのかコオニユリ…

サンカヨウの種蒔き

燻煙した千島笹で組んだ籠に実の付いたサンカヨウの葉を添えてみました もう実も少し触れるだけで、こぼれ落ちてしまいます 沢山の種が採れましたのでプランター1つに全部蒔いてしまいました。春にはごっそりと芽が出るはずです。 本日の最低気温と最高気温…

オオワクノテ(セラティフォリア)

燻煙した千島笹の掛け花籠に、房のように花が沢山付いた蔓を入れてみました。 同じ花を網代で編んだツーウェイのかごバッグにも添えてみました もうすぐで満開となるセラティフォリア、至る所に蔓が絡んでいます 白花のソバナ エゾノオヤマリンドウ 本日の最…

ナツロウバイを一輪挿しに

ナツロウバイは先月初めころ咲いていたのだが、まだ蕾になっているものがある。季節外れとまではいかないが・・・。 この狂い咲きのミヤマハンショウヅルをよく観察してみると、鍔がほぼ葉になっており、オシベ、メシベはそれなりにあるように見える。 上か…

花籠にクレマチス

今日の3点の籠は燻煙した千島笹で編んだもの。 大きな掛け花籠には小さなクレマチスとホタルブクロを 竹工芸教室の新しい教材の小さな掛け花籠には白いクレマチスとホタルブクロを 瓢の形の一輪挿しにはムラサキのクレマチスを入れてみました。 小さな花の…

黒花半鐘蔓

クロバナハンショウヅル(チシマハンショウヅル)新枝咲きの籠口の種類で蔓はあまり伸びない。センダイハギに絡んでいるので、何かに絡ませると自然な感じが出ます。 今年発芽した苗、3,4年で開花すると思うが・・・。 籠に入れてみると、良く似合います…

鉄線

テッセンが満開、大きな花は目立ちます。 一輪挿しの籠に入れてみました 立性のクレマチス、株が大きくなったのか今年は沢山の茎が立っています。 本日の最低気温と最高気温 11℃ 18℃ 昨日から雨が続く にほんブログ村 ランキングに参加しています

いい感じ

八重のツバキと思っていたが、そうではなかったみたいだ。もっと開くとはっきりするのだが、この程度の開き具合が良い。 器は燻煙した笹を荒く組んだ籠。いろんな花が似合いそうだ。 本日の最低気温と最高気温 -13℃ 2℃ にほんブログ村 ランキングに参加し…

椿

やっと開き始めたツバキ、”秋の山”という銘がついていて八重咲の品種です。 一重のものが好きなのですが、ホームセンターで売っているかもしれません。 今度さがしてみましょう。 早速枝を折って掛け花籠に入れてみました。この籠も燻した笹で編まれています…

竹工芸教室の新しい教材

来月から3年目に入る竹工芸の教室ですが、カリキュラムの18番目は手付きの花籠になります。立ち上げの際六つ目を5と7角に振り分けて底を四角形にするものです。 続けて19番目の作品は蓋物の籠で、蓋の立ち上げの際やはり5と7角形に振り分けて底が丸…

クリスマスローズが咲いた

秋に畑からポットに移したクリスマスローズが開いてきた。2つのポット共同じ色の花のようだ。確か株分けしたものかもしれない。畑のものは5月頃になるだろうか? ツバキはまだ開花までは時間がかかりそうだが、蕾は9個と今まで一番付いた。そういえば木の…

今年最後かな

朝はもっと積もっているだろうと窓を開けて見ると、昨夜と変わらない様子であった。 日中は消えて枯れた色の花が目についた。 今年は花が開く前の雪になったキイジョウロウホトトギス。 雪が降ってもまだ葉が残っているクマガイソウ、この調子だと株が増えて…

ヤマブドウの葉とナガホノワレモコウ

山から切ってきた少し紅葉した山ブドウの葉とナガホノアカワレモコウ。 花器は千島笹の一輪挿し

ムクゲとギンミズヒキ

燻した掛け花筒にムクゲ(宗旦絞り)とギンミズヒキ、地植えのムクゲが今になって咲き始める。 にほんブログ村 ランキングに参加しています

秋の花いろいろ

燻煙した千島笹で編んだ手つき花籠に今咲いている花を入れてみました。 キレンゲショウマ、ホトトギス、マツムシソウ、カリガネソウ、タカノハススキなど 台湾系の黄覆輪ニイタカホトトギス ホトトギス 色の鮮やかなアスター かなり背丈の高いアスターは2メ…

センニンソウ

盛り籠に入ったセンニンソウ 遠くから見るとカスミソウのような感じがするが、よく見ると大変きれいな花だ 実生で育てたこのセンニンソウは、たったの一株から四方八方に伸びた蔓が絡み合ってこの姿になっている。 本日の最低気温と最高気温 13℃ 23℃ 以…