カノコユリ

f:id:hanakago:20180918183919j:plain

f:id:hanakago:20180918183932j:plain

去年鱗片挿しをして残った球を植えておいたところ、背は低くなりましたが花が咲きました。

f:id:hanakago:20180918184203j:plain

これは去年鱗片挿しをした時の写真で

f:id:hanakago:20180918183956j:plain

上の写真の上の方のプランターが1年経っての球根です

f:id:hanakago:20180918184010j:plain

未だ鱗片が残っているののもあるが、殆どは球根のみで、栄養分になってしまったのだと思う。

f:id:hanakago:20180918184023j:plain

小さいが3球も生まれたのがあった。これはピンクの花の分で

f:id:hanakago:20180918184032j:plain

上の写真で下のプランターのほうは白花。ピンクに比べ球根が小さい。元の鱗片が小さかったためではないだろうか?肥培すれば2,3年で開花しそう。

f:id:hanakago:20180918184116j:plain

f:id:hanakago:20180918184137j:plain

春に鱗片挿ししたのはコオニユリ、1枚の鱗片からこんなに育ちました。繁殖力が旺盛なのでしょう。

 

本日の最低気温と最高気温 7℃ 21℃

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

タマアジサイ

f:id:hanakago:20180908195308j:plain

f:id:hanakago:20180908195326j:plain

f:id:hanakago:20180908195400j:plain

紫陽花の季節から遅れて咲くのがこのタマアジサイ、白花もあるがこの薄紫の花は何とも言えない。アジサイは土の成分により色が変わるがこの花は安定していていつも同じ色の花を咲かせる。

f:id:hanakago:20180908195413j:plain

一枝切って掛け花筒に入れてみる

 

本日の最低気温と最高気温 13℃ 22℃ 

 


今日はこれだけ

f:id:hanakago:20180908200148j:plain

停電はほぼ解消したようだが、影響はまだ残っているようです。

毎週届く生協の宅配が今日はこの卵ひとつのみ、20点ほど注文していたのだが他は揃わなかったらしい。物流が未だマヒしているということなのでしょう。

隣町のチェーンのスーパーに行くが、欠品が多く、手に入らない商品もあった。

もう少し平常に戻るのには時間がかかりそうだ。

ニュースでは2割ほどの節電の要請が出るらしい。日頃から電気はあまり使わない生活なので、どこで減らすか検討してみないと・・・。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

フシグロセンノウ

f:id:hanakago:20180902192039j:plain

f:id:hanakago:20180902192057j:plain

数ある山野草の中でもこの橙色は遠くからでも見つけることが出来る。

名前の通り、節の部分が少し膨らんで色が濃い。

f:id:hanakago:20180902192108j:plain

f:id:hanakago:20180902192128j:plain

実生で育てた白のフシグロセンノウ、花が開いて2日も経つとやはり花弁が内側に巻いていた。

 

本日の最低気温と最高気温 8℃ 23℃ 朝の気温が下がってきました。

 

 


f:id:hanakago:20180902192300j:plain

色付いてきましたが、やはり出来が悪いようです。

 

f:id:hanakago:20180902192324j:plain

日照不足で穂が少ないように見えますし、株の本数も少ないようです。

f:id:hanakago:20180902192337j:plain

f:id:hanakago:20180902192349j:plain

f:id:hanakago:20180902192403j:plain

雑草のオモダカは除草剤には負けないようですね

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

タムラソウ三種

f:id:hanakago:20180901194519j:plain

f:id:hanakago:20180901194536j:plain

f:id:hanakago:20180901194553j:plain

タムラソウは棘が無く切り花に使いやすい材料です。

背丈は150センチにもなり、年々株は大きくなります。

f:id:hanakago:20180901194604j:plain

f:id:hanakago:20180901194617j:plain

f:id:hanakago:20180901194634j:plain

こちらは地植えしても大きくはならないヒメタムラソウです。

葉もちょっと違いがあります。本種に比べ増えずらい感じがする。

f:id:hanakago:20180901194649j:plain

f:id:hanakago:20180901194703j:plain

f:id:hanakago:20180901194712j:plain

ホソバタムラソウ(ホソバノヒメタムラソウという名で20年ほど前に入手)北海道に持ってきたらタムラソウ並の背丈となる。

葉は細く花も小さめなのが特徴。

 

 

本日の最低気温と最高気温  15℃ 21℃ 急な雨もあるが大方晴れの一日

雑草地の掘り起しが続く


f:id:hanakago:20180901194732j:plain

f:id:hanakago:20180901194744j:plain

アロニアの実が熟してきました。2,3日中に収穫してジャムを作る予定

f:id:hanakago:20180901194755j:plain

f:id:hanakago:20180901194823j:plain

去年種を蒔いたのが思ったより大きくなっています。

もう地植えしてもいいようです。

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

セラティフォリアが満開

f:id:hanakago:20180830193325j:plain

ハンショウヅルのセラティフォリア(オオワクノテ)が次々と咲き出しました。

f:id:hanakago:20180830193335j:plain

f:id:hanakago:20180830193349j:plain

f:id:hanakago:20180830193404j:plain

沢山の花をつけるこのハンショウヅルが畑一面に広がっています。

f:id:hanakago:20180830193411j:plain

倉庫の中にまで蔓を伸ばして入り込んでいます。

とにかく一度根を張ると強い花なのです。

種が飛ばないうちに刈り取らなければなりません。

f:id:hanakago:20180830193442j:plain

千島笹の大きな籠とセラティフォリア

 

本日の最低気温と最高気温 13℃ 17℃  小雨が一日中降り続く

 

 

 

f:id:hanakago:20180830193510j:plain

f:id:hanakago:20180830193524j:plain

スモモの木に去年から実がなりだして、今年は沢山収穫出来ました。

中には虫が入っているのがありそうですが、ジャムにしてもいいのだとか。

隣に植えたプルーンは虫害で早くに実が落ちてしまい、口に入らず、芯喰い虫が原因で春花後に殺虫剤を噴霧するのだそうです。来年はそうしましょう。

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

レンゲショウマ三種

f:id:hanakago:20180829193758j:plain

f:id:hanakago:20180829193813j:plain

レンゲショウマが咲き揃いました。

標準の花、軸は泥色と呼ばれています。

f:id:hanakago:20180829193822j:plain

f:id:hanakago:20180829193837j:plain

白花種の軸は標準のものより薄い泥色

f:id:hanakago:20180829193845j:plain

f:id:hanakago:20180829193900j:plain

青軸と呼ばれるもので花は標準花に近い

本日の最低気温と最高気温 14℃ 22℃ 雑草地の草刈りの後、種を直播するためにスコップで畑を起こし始める

f:id:hanakago:20180829194621j:plain

f:id:hanakago:20180829194642j:plain

薪小屋の屋根が傷んできたので張り替える。下地のコンパネを新しくして、その上に防水シートを張り、トタンの波板は錆びてはいるが再利用することに、10年もてばOK!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています

エゾルリトラノオ

f:id:hanakago:20180822192125j:plain

このエゾルトラノオはもう20年ほど増えずとも消えずに花を咲かせている。

同種のエチゴトラノオはよく増えるのだが

f:id:hanakago:20180822192141j:plain

f:id:hanakago:20180822192156j:plain

クサノオウ

春から咲き出しまだ次々と花を咲かせています

f:id:hanakago:20180822192217j:plain

ヤマハギ

 

f:id:hanakago:20180822192310j:plain

f:id:hanakago:20180822192320j:plain

アキノキリンソウ

f:id:hanakago:20180822192349j:plain

f:id:hanakago:20180822192403j:plain

ミズオトギリソウ

f:id:hanakago:20180822192415j:plain

f:id:hanakago:20180822192425j:plain

エゾオヤマリンドウ

f:id:hanakago:20180822192458j:plain

コンポストに貼りついているアマガエル、蓋の隙間からコバエが出てくるのを待ち構えているのです。多い時には2,30匹もこのコンポストに登ってきます

 

本日の最低気温と最高気温 19℃ 28℃ 昨夜からのまとまった雨が朝には上がり、蒸し暑い日になる。2つの台風の影響かもしれない。20号は四国辺りに上陸の予報で記録的な雨量に警戒とのニュース。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています