フシグロセンノウ

f:id:hanakago:20180902192039j:plain

f:id:hanakago:20180902192057j:plain

数ある山野草の中でもこの橙色は遠くからでも見つけることが出来る。

名前の通り、節の部分が少し膨らんで色が濃い。

f:id:hanakago:20180902192108j:plain

f:id:hanakago:20180902192128j:plain

実生で育てた白のフシグロセンノウ、花が開いて2日も経つとやはり花弁が内側に巻いていた。

 

本日の最低気温と最高気温 8℃ 23℃ 朝の気温が下がってきました。

 

 


f:id:hanakago:20180902192300j:plain

色付いてきましたが、やはり出来が悪いようです。

 

f:id:hanakago:20180902192324j:plain

日照不足で穂が少ないように見えますし、株の本数も少ないようです。

f:id:hanakago:20180902192337j:plain

f:id:hanakago:20180902192349j:plain

f:id:hanakago:20180902192403j:plain

雑草のオモダカは除草剤には負けないようですね

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています