竹の籠 六

f:id:hanakago:20190224191316j:plain

根曲竹で編んだ六つ目編みの手つき籠、口の径が30センチほどで多用途に使うことが出来ます。

f:id:hanakago:20190224191319j:plain

ヒゴの裏もきれいに削っているので毛羽立ちはありません。

f:id:hanakago:20190224191326j:plain

手と縁の接合部は鋲を打っているのでかなりの重さにも耐える籠になっています。

エコな生活・自然に優しい素材

f:id:hanakago:20190224191331j:plain

おなじ籠をもう一つ、こちらは山から切ってきた状態で編んでみました。竹を洗わず、ヒゴの巾も道具で揃えてはいません。竹の黒い汚れは使っているうちに落ちていきます。昔はこのような作りの籠が多かったのです。

f:id:hanakago:20190224191343j:plain

ヒゴの裏は毛羽立ちがあります。畑での収穫や果物などの収穫に惜しげなく使えます。同じく手と縁の接合部は鋲で止めているので、籠いっぱい入れてもしっかりとしています。根曲竹で編んだ籠

 


本日の最低気温と最高気温 -17℃ 3℃ 今週になって日中はプラスの日がづづき、積雪も60センチほどになり屋根の雪もきれいに落ちたようだ。主要な道路は雪も消えて冬タイヤがもったいない。

f:id:hanakago:20190224191358j:plain

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています